『半屋外デッキ』20220319

設計工房 悠では住宅や別荘の一部に『半屋外デッキ』を造ることがあります。

最初からのご要望の時もありますが、設計側で提案する時もあります。

雨に濡れる事が無い、屋根のあるデッキです。


『大町の家1』では西側の眺望を取り込むように、

リビングに面して奥行1.8m×巾5.4m(6畳分の広さ)の比較的大きなデッキを造りました。

デッキ部分には引込の木製網戸を付けています。


いろいろな使い方が考えられる、縁側や濡縁のような空間


面積はその分増えますが使い方によっては楽しい暮らしが出来ると思います。



↑『朝日の家』リビングから北側の景色を楽しむためのデッキ(引込網戸)


↑『大町の家2』北側に設けたデッキ(勝手口・ハンモックで昼寝・子供の遊び場)


↑『安曇野の家2』リビングの南側に設けたデッキ、和室からも出入りが可能(ごろ寝・庭仕事の休憩等)


↑『追分の家』リビングの南側に設けたデッキ(南庭とリビングを繋げる)



↑『手の届く家』リビングとキッチンから出入りできるデッキ(勝手口・物干場等)



↑『小谷の家2』2階リビングの西側に設けた12畳の広さのデッキ(薪置場等)・『雁木』のイメージ