鼎の家

1/18
竣工    2016年
主要用途  専用住宅
延床面積  131㎡ (ガレージ含む)
構造    木造
規模    地上2階
施工    (株)伊賀良建設
掲載    信州の建築家とつくる家14
 
 
 
敷地は長野県飯田市
ご夫婦とお子さん二人とお母さんが暮らす住まい
 
一番最初に伺った時に、クライアントのMさんは
①現在の敷地に新築(建て替え)
②リフォーム
③別の敷地に新築
かで迷われていました。

私たちは、今まで住み慣れた場所である事、
度重なる増改築により動線が複雑になり、かえって使いづらくなってしまった事
耐震性が心配な事
等を考慮して現在の敷地での新築(建て替え)をご提案させて頂き、その方向で設計が進みました。
 
家族みんなが集まるLDKからの各室への動線を考え
読書一家の為に、出来るだけたくさんの本の収納場所を作りました。
LDKから繋がる南側の木製デッキは屋根付きの半屋外空間です。
以前からあった東側のパーゴラデッキにも繋がる様にしました。

以前の住み慣れた建物の記憶を残しながら、
家族5人が穏やかに暮らせる家が完成しました。
 
2階建ての方形屋根部分の外壁は杉板を黒く塗り、
平屋部分の外壁は左官塗壁としました。
西側の道路に面して片流屋根の下にガレージ兼玄関ポーチを作っています。

施工は『みはらしの家』でお世話になった伊賀良建設さんにお願いしました。

断熱性能は次世代省エネⅡ地域の基準をクリアーさせています。
 
暖房は薪ストーブ(SBI)を主暖房に、補助で電気ヒートポンプ熱源のパネルヒーターを採用し、
給湯の熱源はガス(エコ・ジョーズ)としています。
 
 クライアントMさんからのメール
 
南信州新聞に掲載された広告(20160915)

 
関連ブログClick