追分の家

1/23
竣工    2017年
主要用途  週末住宅
延床面積  178㎡(ガレージ含む) 
構造    木造在来工法
規模    地上2階
施工    株式会社 新津組
掲載    
長野県軽井沢に建つご夫婦と二人のお子さんが暮らす週末住宅。
敷地は北側に浅間山を望む比較的平坦な場所です。
 
​外観は東西に細長い切妻の大屋根をかけています。
大きな切妻屋根の中に居住部分が入ります。
また、ガレージ部分は車2台分の別のボリュームの切妻屋根が架かります。
外壁は杉の目板貼りとし、開口部にはトリプルガラス仕様の木製サッシと高性能断熱サッシを採用しています。
単純で、簡素で、素朴で無愛想な外観です。
建築(住宅)の外観は風景の一部になるので設計者の責任は大きいと思っています。
 
1階の中心に南北に大きな開口部を設けたリビング・ダイニングを作っています。
ダイニングを南側に設け南側の半屋外デッキと繋げています。
リビングを北側に配置し、吹き抜け空間として2階と繋がるようにしています。北側の大きなFIX窓からは浅間山を眺望できます。
東側に水廻りを南北に並べて配置しています。毎日使う部分なので、動線に気を付けて計画しています。
南側にキッチンと食品庫収納、北側に家事室兼ユーティリティー、家事室から洗面脱衣室へ入り、浴室とトイレが繋がっています。
 
西側に、エントランス・和室(客間)・寝室を配置し、ガレージから直接室内に出入り出来る通用口を設けています。
 
2階は大屋根部分の小屋裏を利用して幅2.2m長さ15mのロフト風の空間が東西に並びます。
妻面が東と西になるので東側にゲストルーム、西側に書斎コーナーを作り多目的スペースで繋いでいます。
耐力壁以外の壁は本棚収納として活用しています。
多目的スペースは1階のリビングと吹抜けで繋がっています。
リビングに設置した薪ストーブの熱はこの吹抜を介して2階にも伝わるしくみです。

暖房は主暖房を薪ストーブとし、補助暖房としてパネルヒーターと床暖房を併用しています。
給湯熱源はガスです。
関連ブログ Click