『鈴玲ヶ丘の家』現場監理 20220702

『鈴玲ヶ丘の家』現場監理 20220702


クライアントのMさんご夫妻がこの週末は安曇野にお越しになっているとの事で

急遽、午前中に打ち合わせの時間を取って頂きました。


建物の配置と設計GLの確認を行いました。


配置はほぼ図面通り。

残したい2本のナラの木を残しながら・・・


設計GLはあまり建物を上げることはせず、

図面で想定していた地盤より約35㎝低く設定しました。

敷地の西側と東側では約85㎝の高低差があるので低く設定しても問題ありません。


↑西側(道路側)から見た敷地と建物位置



↑南側からみた敷地と建物位置


車で来られたので、道路からのアプローチとガレージの位置と広さの確認がスムーズにできました。


来週から、設計地盤まで盛土して地盤面を作り、地盤調査の段取りに入ります。


赤松を伐採したので日当たりが良くなりましたが、

将来的には広葉樹を植えて以前の森に戻していきたいと考えています。

↑伐採した赤松は薪ストーブの薪に使用します