着工準備 20210302

2件の現場が4月から始まります。


『茅野の家』『安曇野の家6』


『茅野の家』


茅野市中心部の分譲地にご夫婦と2人のお子さんの住まいを新築します。

ホームページからのお問い合わせです。



施工は『蓼科の家』『原村の家』をお願いした茅野市の建設会社です。


↑蓼科の家(2013)

↑原村の家(2018)


地盤調査の結果、地盤改良工事が必要になりました。

4月初旬に地鎮祭を行い、工事着工です。


『安曇野の家6』


安曇野市で既存の住宅を解体してご夫婦とお父さん、2人のお子さんと猫が同居する住まいに建替えます。

東側に大きな堰が流れその向こうには田園風景が広がっています。



2015年にリノベーションした『小谷の家1』のクライアントさんからのご紹介です。


↑小谷の家(2015・リノベーション)


施工は今回初めてのお付き合いになる木造を得意とする大町市の建設会社です。

3月中に既存建物の解体をして、3月末に地鎮祭を行い、工事着工です。


2件とも、いろいろなご縁が重なり、私達に設計監理を任せて頂きました。

現場監理になると、図面ではわからなかった事、仕上げ等・・・決定事項が多くなります。

クライアントのご希望の住まいになるように施工業者と協力して完成を目指します。