top of page

『鈴玲ヶ丘の家』現場監理 20221220

『鈴玲ヶ丘の家』現場監理 20221220


第12回定例打ち合わせ


現場代人さん・大工さん・電気屋さんと打ち合わせ


電気屋さんとは外部のベントキャップの位置、照明の位置を打ち合わせ

外部は板張りになるので板の目地部分に芯が来るように調整します。


大工さん、現場代人さんとは枠廻りの確認等

枠廻り等の造作材は杉です。

幅広の材は良いものが入りずらいので、鴨居溝等で材を分ける等の工夫で良い材を選別して頂きました。

↑造作材:杉

↑詳細図を基に大工さんが原寸加工図を描いて加工します



外壁は杉板は貼り終え、その上に巾36×厚15の目板を真鍮釘で打っています。

目板を打つことで外壁に陰影が出来ます。

手間のかかる仕事ですが丁寧に施工して頂いています。



Comentários


bottom of page