『鈴玲ヶ丘の家』現場監理 20220803

『鈴玲ヶ丘の家』現場監理 20220803


昨日は、瑕疵担保保険の配筋検査の後、耐圧版部分のコンクリートを打設しました。


今日から、立ち上がり部分の型枠工が始まっています。


暑い中での作業、ありがたい事です。


↑右側中央の凹んだ部分がリビングから繋がる半屋外デッキになります。


↑北側のキッチンの窓からの景色 右側(北東側)の広葉樹を残すためにトレンチの位置を変更しました

 広葉樹(一部は赤松の健全木)は北側や北東側にある建物の目隠しにもなります


↑敷地の西側の道路から車が通れない道を200mくらい歩くと小さな沢があります