『畳リビングのある家』 現場監理 20201030

『畳リビングのある家』 現場監理 20201030


大工工事と電気工事の配線工事が進んでいます。

大工さんがそろそろ枠の加工を始めるので、

枠廻りの打ち合わせを行いました。

枠材は杉を使います。

杉は柔らかいですが、温かみがあるので手が触れる部分には杉を使います。




ユニットバスが入りました。




天井材に使うワランベニヤを見に建材屋さんに伺いました。

ワランベニヤの天井は良く使う材の一つです。

『下地に使う赤ラワン』という要望をお願いして、集めてもらう事にしました。




現場は上伊那ですが、塩尻インターで下りて、下道の国道153号を使っています。

途中の山は紅葉が始まりました。