『畳リビングのある家』現場監理 20201012 

『畳リビングのある家』現場監理 20201012 


屋根の板金工事が進んでいます。

この現場では、屋根材にSGLガルバリウム鋼鈑にフッ素樹脂塗装をした鋼鈑を使っています。

イニシャルコストは少しかかりますが、

今まで使っていたガルバリウム鋼鈑を上回る長期の耐久性があり、

メンテナンスコストを抑えることが出来ます。

やや艶がある素材ですが、それほど気にはなりません。





大工工事は、内部の断熱材や張り出した2階の物干しテラスの下地の施工が進んでいます。





この日は午前中に『蓼科の家』にお寄りしたので、

現場へは高速は使わず、『杖突峠』を越えていきました。

茅野市と伊那市の境にある峠で道も整備され、ちょっとしたドライブを楽しみました。