top of page

『柴楽庵』敷地造成工事 20231114

『柴楽庵』は敷地造成工事が進んでいます。


住居棟が建つ設計地盤±0レベルの整地はほぼ完了

↑北側道路から

↑模型とは造成を変更して、東側の低い部分からアプローチ車路を造り、

 西側の高い部分から通り抜け出来るように検討中


↑西側境界から約2mの切土法面を造り住居棟の建つ敷地レベルを平らにしています

↑南東の低い地盤から見る 住居棟内リビング⇔東側にデッキ⇔ドッグランとの繋がり


設計地盤±0レベルから東側の一番低い敷地は高低差が≒3.5mあります。

この間を2段階のレベル差のある敷地に造成し、その部分にアトリエ棟と工房棟を配置します。

東側の敷地境界沿いには掘削時に出てきた大きな石を積んで地盤を上げます。


敷地の高低差をある程度活かしつつ、

3棟の建物とドッグランが緩やかに繋がるようになればと考えています。

北側道路の低い側(東)から入る車路アプローチを造り高い側(西)から通り抜けできるように検討中です。


↑写真で見ると平らに見えますが敷地の東西の高低差は約6m


現在は、庭師さんが東側の敷地境界に大きな石を並べる作業をしています。

敷地造成の配置図はありますが、石の大きさや形を見て現場で決めながら並べています。

長年の経験が頼りの作業です。


↑東側境界に並べた掘削時に出てきた大きな石



『石の重心を見ながら敷地側に少し倒して石を据えている』そうです。







Comentarios


bottom of page