『大町の家1』に立ち寄りました 20221019

2015年に竣工した『大町の家1』


昨日、現場監理の帰りに久しぶりに立ち寄りました。


道路から一段下がったところに建ち平屋に住まいです。

西側に広がる田園風景と北アルプスの山並みを観るために西側に

大きめの屋根付きの半屋外デッキを造っています。


↑半屋外デッキ 2015年竣工時の写真


『大町の家1』以降、設計監理を依頼してくださるクライアントさんが

この『半屋外デッキ』をご要望されることが度々あります。

『朝日の家』

『大町の家2』

『追分の家』

『鼎の家』

『鈴玲ヶ丘の家』(現在工事中)

『安曇野の家7』(現在設計中)

でも『半屋外デッキ』を造っています。

屋根が架かっているので雨を気にせずに使え、室内と一体で使うことが出来る『縁側』のような空間です。


竣工から7年ですが、外壁の杉板も経年変化して周囲の景観に馴染み、静かに建っています。


↑2022年10月撮影

↑2015年竣工時の写真


↑リビング・右側が半屋外デッキ 2015年竣工時の写真

↑和室 2015年竣工時の写真