『コロナバブル?』20210417

長野県では別荘地を中心に、『コロナバブル』という現象が起こっています。


昨日、地盤調査に同行した御代田町(軽井沢)でもコロナウィルスの緊急事態宣言の少し前から、

不動産を探す人が増えて現在では、別荘建築ラッシュだそうです。

購入を急いでいる人も多く、建売別件も売れているそうです。


昨日、2017年に竣工した『追分の家』に地盤調査の後、立ち寄りましたが

周りの森が伐採されて分譲地になっていました。

昨年の秋に来た時にはまだ森だったところが・・・

西側はすでに基礎工事が始まり、南側は森林の伐採が始まっていました。


↑去年の夏に撮影



別荘や移住のニーズが『追分の家』の周辺にも押し寄せ、緑がどんどん失われています。


周辺環境に調和した建物が建つことを望みます。